今こそ!あいうべ体操で「口呼吸」を「鼻呼吸」に

こんばんは 奥村まみ子です

日々、
新型ウィルスの状況が変わっている中
「現実論」だけでは、恐怖心だけになりがちですし
「感情論」だけでは、解決できないこともあるな〜と
現実と感情の間を行ったり来たりしています。

「現実」というのは、
今どういう状態なのか?という現実

「感情」というのは、自分の考え方次第で
なんとかなる!という感情

こういう時こそ、どちらも
バランスを保ちながら・・・

暗い気持ちになりすぎず、
でも、安易には考えず
「中庸」の考え方を
私は採用しています。

*

その中、私が大事だと思うのは
自分で対処できる方法を
意識して行動すること

その一つとして
自分の呼吸をチェックしてみるのは、大切!

息を吸うとき
口から吸っていますか?
鼻から吸っていますか?

もし
口から息を吸ってしまう
「口呼吸」になっていたら・・・

「鼻呼吸」に変えていきましょう!

なぜか?

鼻から息を吸えれば、
ウィルスやホコリをシャットアウト
のどや口が乾燥しづらく
風邪などの予防ができます。

口から息を吸うと・・・
・ホコリや雑菌を直接のどに吸ってしまう
・口やのどが乾燥し、風邪をひきやすくなってしまう
など
病気になるリスクが高いと言われているから

とはいえ・・・

鼻呼吸がいいとわかっても
つい無意識で口があいている
というあなた!

口呼吸を防ぐための体操があります。

それは、
「あいうべ体操」

数年前
TVで取り上げられたり、
何かと話題になった体操です。

こちらの体操は、
九州・福岡県の内科医・今井一彰先生が発案したもの

この体操を是非やってみてください

とても簡単で
いつでもどこでもできますし
誤嚥も防げる、ということも聞きましたので
高齢者の方にも有効だと思われます

やり方はこのように・・・

次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

(1)「あー」と口を大きく開く

(2)「いー」と口を大きく横に広げる

(3)「うー」と口を強く前に突き出す

(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続ける

詳しくは
内科医・今井一彰先生のサイトをご覧ください
https://mirai-iryou.com/aiube/

自分でできることから
意識していきましょうね

特に、マスクをしていると
つい「口呼吸」になりがちなので・・・


それも気をつけてくださいね〜♪

「伝わるをもっと楽しく!」

>>http://www.voip-school.jp/